zyene1


http://www.minori.ph/lineup/trinoline/_genesis/


シナリオ 6/10
キャラクター 7/10
CG 8/10
音楽 6/10
CV 7/10
演出 7/10

オススメ度☆3

・あらすじ
亡き妹とそっくりのアンドロイド。人間と人工知能。研究と難病。陥没乳首。様々な困難を主人公と、そしてみんなと乗り越えてきた。そんなとある島の、もしものお話。




まとめ:本編のキャラが好きならニコニコできるのでプレイすればいい。ただしクソ短い。



以下ストーリーに関わるネタバレを含むかもしれないのでプレイ後推奨。

短めです。




















・シナリオ



永遠アフター


セックス中に永遠の髪の毛食べて「美味しいよ⋯⋯」とか言ってくる終がバカキモくてクソ笑いました。

トリノライン本編とは一切関わりはなく、ヨリノ本編のアフターとしてひたすらイチャイチャしていましたね。
2人のお互いのことをわかり合ってる掛け合いとか言葉の一つ一つから、本編を乗り越えて幸せを掴んだというのが伝わってきてとても幸せなアフターでした。
この記事を書いている時点では夏空のペルセウスは未プレイなのですが、このアフターで恋が出てきたので背景もおそらく夏ペルのものなのでしょう。
(と、ここまで書いたところで夏ペルのOPムービー見てきたら背景まんまでしたね)
てっきりトリノラインの舞台である島に旅行にいくと思い込んでたのでちょっとビックリでした。





綾花√


甘酸っぱい純愛でしたね。
本編で素晴らしい陥没乳首を披露していたにも関わらずサブキャラのため√がなく悲しい思いをしていましたが、無事エッチなことができて満足でした。
陥没乳首を治すのに男に揉んで吸ってもらうというある種お約束な展開でしたが(
無駄にシリアスになることもなく、FDらしく簡潔にまとめてあって良かったかなと。

ところでプールが25mなのは競技としての水泳が100m、200mを基準にしていて25mだとスタートとゴールが同じ位置になって都合がいいかららしいですね。後は土地の面積とかそういう都合も。






夕梨アフター


ニヒッ。
終始徹底してイチャイチャしてて大変満足でした。
苗字が変わることや指輪をつけているシーンを入れることでより結婚したという実感が増す描写がされていて、本編の明日への希望もなかった夕梨がここまでこれたってことを実感できて素晴らしかったなと。
トリノラインで一番救われるべきは夕梨だと思っているので、この√が一番好きでしたね。

セクシーランジェリーが大好物なのはブログタイトルからして言うまでもないのですが、それ以外でもウェディングドレスやロンググローブなんかも大好物なのでドレスのエロシーンがあったのはめちゃくちゃ高評価です。
セックス狂いの新妻だいすき。
ニヒヒヒ⋯⋯







ハナコ√


バニースーツを着せるための流れが謎すぎる。
すぐにでも使用人がやってきて香港までお見合いに連れていかれる、早くなんとかしないと...!って焦ってる時にゲーセンでバニースーツ着てるって意味がわからなさすぎて混乱したよね。
しかもその後お姫様だっこで2階の窓ガラスに突っ込んで飛び降りるとか何がしたいんだこの√って感じで冷めてしまったのが残念。
それと周りに人だかりできてるのにバニースーツ着てる女を必死に説得する主人公がシュールすぎる。

キャラクターとしても個人的にカタコト日本語の外人ヒロインってあんまり好きじゃないので総じて微妙でした。







沙羅アフター


沙羅の感情表現が豊かになったというか、めちゃくちゃ甘えてきて可愛かったですね。
本編ではもっとツーンとしていたのでギャップを感じられて良かったかなと。
途中、親父からの伝言が出てきましたが正直本編での親父は失踪しただけの人間だったので大して心揺さぶられることはなかったかな。むしろ何言うてんねんこいつみたいな
ラストの「沙羅は鳥かごの中の鳥じゃなくて空を羽ばたける鳥になっていた」という舜のセリフは海外へ飛び立つ飛行機を鳥に見立てていると思っているので個人的に好きな表現です。







シロネアフター

本編でのシロネ√にはあまり納得がいってないのでこちらのシナリオの方が断然良かった。
まあ食事機能なんて最初から付ければよかったやろと思わなくもないですが。
元々シロネは個人的にあまり合わないので、可愛かったとは思いますが特段思い入れはなかったり。

そういえば開発陣の中にシスプリ好きでもいるんでしょうか。




とまあこんな感じでシナリオが短い分、感想の方も書くことがそんなになく短めで終わってしまいました。
5,000円ほどの価格でこのボリュームだとちょっとコスパが悪いかなあというのが正直なところです。
エロシーンが各1回ずつというのも寂しかったですし、せめて2回は欲しいところでした。
どの√でも癒されたので点数も7、8点はあげたかったのですがボリューム不足で6点になりました。











・キャラクター

本編よりもイチャイチャ度が増してて、キャラゲーとして見たら上出来だったのではないでしょうか。
沙羅のキラキラ目とハートは若干キャラ崩壊感はありましたが(笑)
人妻フォーエバーちゃんや夕梨のその後を見れただけでもプレイした価値はありました。
綾花が期待してたより可愛かったのも良かったです。
反面ハナコがやはり他と比べると微妙だったのは否めませんね。言動がめちゃくちゃすぎる。












・CG

いかんせんシナリオが短いのでCGも少なめだったのが残念なところ。
と思ったけど他メーカーの作品と比べたらCGたくさん用意して立ち絵出しっぱなしにならないように意識してるだけすごいんだよな。しばらくminori作品プレイし続けてて感覚バグってたわ。

この記事の冒頭に載せたけどクリアするごとに砂浜にキャラの顔出てくるの地味に好き。
全員揃った時思わずニコニコしちゃいました。
クリアするとタイトル画面が変わるエロゲは良作の法則ってそーれ。









・音楽

OPはありませんでしたがまさかのEDが各キャラソン。
意外なところに金かけたな。
でもフォーエバーちゃんの分はありませんでした。2曲は厳しかったか。

沙羅EDの曲が口ずさみたくなるメロディーで好きですね。











・CV

本編の記事とほとんど感想変わらんから省いてええか?みんな可愛かったです。











・演出

本編の記事と変わらないから以下略













・総括

もうちょっとボリュームあれば満足できましたね。
minoriがFDを出すのは珍しいので出してくれただけでもありがたい話ではありますが。
キャラクターがひたすら楽しそうにニコニコしててこっちまでニコニコできる良いゲームでした。








以上総括及び「トリノライン」の感想でした。
ニヒヒ。